野菜のビタミンカラーをそのままテーブルへ!

主役はカラーや色にこだわって食材を選ぶ!

みずみずしい野菜の色は、目に触れるだけで元気なパワーが湧いてきます。この色彩効果をサラダバーで表現できれば、それだけで素敵なおもてなしに。ポイントは、できるだけたくさんの色を集めるつもりで鮮やかな旬野菜を選び、花を生けるように盛りつけること。赤(トマト)、緑(バジル)、黄(キャロット)など、カラフルなドレッシングを並べると大いに喜ばれそうです。
食材の色にはそれぞれ違った栄養素が含まれるので、色彩豊かなテーブルは自然とバランスのとれた食事になる効果も。甘口、辛口のワインをはじめ、どんな飲み物にも合い、サラダがメインの楽しいパーティメニューになります。