天井が高い1階リビングの住まいは、メリットがたくさん!

開放感ある天井高2600mmの1階リビングなら、ダウンフロア(床座リビング)や吹抜けをつくれば縦横無尽に広がるワイド感を実現します。 圧迫感のない空間は、心身のストレスを最大限に開放し、毎日をのびのびと過ごすための空間づかいも多様に広がります。 人が開放感を感じる空間は、水平方向だけでなく垂直方向の広がりも重要といわれます。十分な面積を確保できない敷地であればこそ、天井高を確保することが大切。 圧迫感、閉塞感のないリビングで、のびやかな開放感を。